雨や雪が降らない限り、一年中、早朝にウォーキングを続けています。
コースは決まっていて、歩いて15分ほどのところにある大きな県営公園を目指して行き、公園内を一周し、行きとは別の道を通って帰ってくるという1時間10分ほどの行程です。
私のウォーキングには3つポンとがあります。1つは、歩く際に足首を意識的に動かすように歩くこと。2つ目は交差点で信号待ちをしている時に、背伸びをすること。どちらも、ふくらはぎを刺激することで、全身の血行を良くするためです。
3つめのポイントは、横断歩道を使うこと。ウォーキングをしていると気が付くのですが、平坦な道を歩くよりも、坂道の方が筋力を使いますし、坂道よりも階段を上り下りしたほうが、さらに運動量が増えます。
年齢的に脚の筋力の衰えも気になりますので、私は意識的に横断歩道を通るようにしているのです。往復で4カ所の横断歩道を上り下りします。
この横断歩道つきのウォーキングを始めてから、風邪をひかなくなりましたし、若いころから悩まされていた肩こりも明らかに完全されました。
それだけ、血行が良くなったのだと思っています。